京都の日本舞踊教室 藤間流 日本舞踊稽古処でお稽古しよう!

初心者必見、日本舞踊の基礎知識

 

ホーム

【京都】日本舞踊教室に関する豆知識

> 京都の日本舞踊教室 藤間流 日本舞踊稽古処でお稽古しよう!初心者必見、日本舞踊の基礎知識

京都の日本舞踊教室 藤間流 日本舞踊稽古処では、藤間勘右衛門を家元とする藤間流勘右衛門派の日本舞踊が学べます。
日本舞踊には古い歴史があります。その歴史の中で、日本舞踊は変化を遂げてきました。
昔から受け継がれてきた作法などは、いまだに日本舞踊に取り入れられており、

それが伝統芸能の一種として人気を博しています。
また、現代風の振り付けも取り入れられているため、若い方も楽しくお稽古ができます。

こちらでは、日本舞踊の基本について解説いたします。

京都の日本舞踊教室である藤間流 日本舞踊稽古処では、初心者の方にも向けた体験も承っておりますので、京都で日本舞踊教室をお探しの方は、藤間流 日本舞踊稽古処へご連絡ください。

初心者向け、日本舞踊の基礎知識

日本舞踊には古い歴史があります。
踊りの種類も様々です。

◇日本舞踊は歌舞伎の踊りの部分
一般的に、「日本舞踊」というと、歌舞伎の中で演じられている踊りの部分を指します。
日本舞踊は、歌舞伎役者だけではなく、一般の人にも広く親しまれており、習い事としても人気があります。

京都の日本舞踊教室が日本舞踊について解説!

◇「舞」と「踊」の2種類の動きがある
日本舞踊には能から伝わる舞(まい)と、
歌舞伎からでた踊(おどり)という 2種類の動きがあります。
「舞」は、ゆったりとしたすり足と、早いペースで舞台の上を回る動きがあります。

古くは神に捧げる踊りであった名残りのある美しさを感じます。
「踊」は、活発な動きが特徴です。足を上げたり回ったりと、様々な振り付けがあり、華やかです。

◇着物で魅せる
日本舞踊を踊るときは着物を着用します。
その場面に合った衣装もまた、日本舞踊の魅力です。
使われる音楽は三味線と鳴り物です。唄と語りを組み合わせながら、物語を作っていきます。

京都の日本舞踊教室である藤間流 日本舞踊稽古処では、初心者の方にもわかりやすくお稽古を行っております。

日本舞踊は姿勢がよくなり、体幹も強くなるなど、習い事として非常におすすめです。

ぜひ京都の日本舞踊教室・藤間流 日本舞踊稽古処で、日本舞踊のお稽古を受けませんか?

月謝に関するご相談、初心者の方の体験予約・その他お問い合わせは随時承っております。

稽古で学ぶ日本舞踊の基本動作について

日本舞踊の基本となるのが、前述した「舞」と「踊」

そして日常生活の物真似をするという意味がある振りです。

それぞれの基本動作についてご説明いたします。

◇舞(まい)
舞はお辞儀、首の動き、指の動き、袖口の握り方、たもとの持ち方などの動作があります。
それぞれにきちんとルールが定められており、どのように体を動かすべきかが決まっています。

日本舞踊の基本動作は、「舞」・「踊」・「振」の3種類です。

◇踊(おどり)
踊りには、足の踏み方、足の滑り方、すり足といった基本動作があります。
慣れるまでは難しいと感じるかもしれませんが、習得できれば心情を動きで表現できます。

教室では丁寧に指導が受けられます。

◇振(ふり)
振りには、扇子の扱い方、扇子の開き方、指す、ふせ、開く、構え、要返しといった扇子に関係した動作が多く含まれています。扇子で様々な表現をします。

京都の日本舞踊教室である藤間流 日本舞踊稽古処では、得手・不得手を見極め、楽しくお稽古ができるように心がけております。初心者の方も大歓迎ですので、京都で日本舞踊を習いたいという方は、ぜひ藤間流 日本舞踊稽古処をご利用ください。

初心者の方も大歓迎!京都の日本舞踊教室 藤間流 日本舞踊稽古処

 

日本舞踊と聞くと、どこか堅苦しいイメージを持たれがちですが、そのようなことはありません。
しっかりとした作法の中に今風の要素を取り入れた魅力があります。

京都の日本舞踊教室である藤間流 日本舞踊稽古処では、初心者の方にもわかりやすく日本舞踊のお稽古を行っております。

日本舞踊には興味があるが、始めるべきか悩んでいるという方は、ぜひ京都の日本舞踊教室である藤間流 日本舞踊稽古処にご相談ください。初心者の方にも向けた日本舞踊の体験教室もございます。

京都の日本舞踊教室でお稽古を受けるなら

藤間流 日本舞踊稽古処

 

 

[サイト名]
藤間流 日本舞踊稽古処

[稽古場所在地]
〒612-0809 京都府京都市伏見区深草願成町40-28

 

[TEL]
090-9255-9375

[URL]
https://www.kanichirei.com/